シカゴ在住日本人のための必須総合生活情報サイト!
CHICAGO-LIFE.INFO へようこそ。あなたは
人目のお客様です。 ENJOY YOUR STAY!

シカゴ-ライフ情報 グルメ INDEX
シカゴ名物フード  |  シカゴ名物フード(ディープディッシュ・ピザ)  |   シカゴ名物フード(BBQスペアリブ)  |  シカゴ名物フード(ホットドッグ)  |  日本食(シカゴ市内)   |  日本食(郊外) |  ステーキ・お肉 |  シーフード |  アメリカ料理 |  フレンチ |  イタリアン |  中華 |  韓国 |  タイ・東南アジア |  その他世界の地域 |  バー・パブ  |  (リンクのないものは COMING SOON )

シカゴ名物フード BEST 3
DEEP DISH PIZZA (ディープ・ディッシュ・ピザ)
シカゴ名物フードの第1位はなんと言ってもこのスタッフド・ピザとも呼ばれるぶ厚いピザ。5cmほどの深さのタルト型のような器にピザの生地を敷き、たっぷりの具とチーズの上にトマトソースをかけ、じっくりとオーヴンで焼いたもの。トマトソースは各店それぞれ特長があるので、色々食べてみるのも良いかも。ただし、どの店もたいがいボリュームたっぷりなのでご注意!シカゴの有名ピザ店のリストは こちら です。
BBQ RIBS (バーベキュー・スペアリブ)
シカゴ名物フードの第2位はお肉!です。シカゴはかつて、アメリカ食肉産業の一大中心地だったので、ステーキ店やバーベーキュー屋さんが多いのもうなづけます。中でもシカゴ名物となっているBBQスペアリブとは、豚肉の肋骨の周りのかなり油のノッている部位。これをそれぞれの店独自の方法でバーベキュー(グリルしたりスモークしたり)し、その店独自のBBQソースで味付けされた骨付きのリブを手で持って骨の周りのお肉にむしゃぶりついて食べます(笑)。じっくりと長時間かけて調理されているので、油もほどよく落ちていて、深〜い味わいが楽しめること間違いなし!メニューには通常、Full Slab (フルスラブ:10〜12肋骨ぶん!くらい)と Half Slab (ハーフスラブ:当たり前ですけどフルスラブの半分)がありますが、大抵のお店では女性だったらハーフでも多いくらいです。シカゴの有名BBQ店のリストは こちら です。
CHICAGO HOTDOG (シカゴ風ホットドッグ)
シカゴ名物フードの第3位は、シカゴ風ホットドッグ。ケチャップは一切使わず、ぶっといビーフソーセージをポピーシード(芥子の実)付きのパンに挟み、トマトと玉ネギのみじん切り、蛍光グリーン色(!)のレリッシュ(ピクルスのみじん切りの入った甘酸っぱいトッピング)をのせ、セロリーソルトとたっぷりマスタードでいただきます。殆どの店で大きなピクルスがサイドについてくるので、これをつまみにホットドッグを食べるのがシカゴ風正しい流儀。シカゴの街には無数のホットドッグスタンドがありますが、人気店はお昼時等に行くと思い切り混んでいて、ファーストフードとは言えないほどかなり待たされるのでご注意。シカゴの有名ホットドッグ店のリストは こちら です。


 

 《順不同》
の表示がないもの以外は英語サイトとなります。
ピザの美味しい店
GINO'S EAST PIZZERIA (ジーノス・イースト・ピッツェリア)
  ピープルマガジン誌で「No.1スタッフドピザ」に輝いた店。食事時は店の前にいつも長蛇の列。隣にテイクアウトのカウンターもあるので、電話予約をしてから取りにいくとグー。お値段はMサイズで$12〜20程度です。イリノイ州内に13店舗もあるみたいです。(2007年10月現在)
  633 N. Wells St., Chicago
(312) 943-1124
PIZZERIA UNO (ピッツェリア・ウーノ)
  1943年に初めてディープ・ディッシュ・ピザ創り出した(らしい)店。ピザとビールで$10前後とお値段もリーズナブル!ランチタイムには一人前用のミニピザもあります。通常サイズだと、Sサイズでも3人前以上くらいのボリュームなので注意。また、注文してから焼き始めるため、ピザが出てくるまでに40分程かかるので、時間の余裕を見て。
  29 E. Ohio St., Chicago
(312) 321-1000
PIZZERIA DUE (ピッツェリア・ドゥエ)
  上記のピッツェリア・ウーノの2号店。ウーノのすぐ近くにあります。ウーノが混んでいるときはこちらへ。
  619 N. Wabash Ave., Chicago
(312) 943-2400
LOU MALNATI'S PIZZERIA ル・マルナーティズ・ピッツェリア)
  このピッツェリアの創業者はかつて上記のUno&Dueの創業者と共に働いていた人物(現在は息子の代になっている)。創業当事と変わらぬ、たっぷりチーズ+カリカリのピザクラストのコントラストが最高です。ディープ・ディッシュ、パリパリの薄いピザ(Thin Crust)のどちらも二重マルです。ただ、サラダは量が多いので注意。
  439 N. Wells St., Chicago
(312) 828-9800
GIORDANO'S (ジョルダーノス)
  ソーセージやマッシュルームなどスタンダードなピザトッピングの他にエビなんてのもありました。ほうれん草やブロッコリーなどをトッピングしたヘルシーなべジピザがスペシャルティのようです。
  747 N. Rush St., Chicago
(312) 951-0747
EDOWARDO'S NATURAL PIZZA (エドワルドズ・ナチュラル・ピザ)
  パリパリクラストの薄いピザ(Thin Crust)が特にオススメのお店。Sサイズで$7.15〜。小さな店内はいつもお客でごった返しています。
  1212 N. Dearborn St., Chicago
(312) 337-4490

 
 《順不同》
の表示がないもの以外は英語サイトとなります。
スペアリブの有名店
CARSON'S (カーソンズ)
  シカゴでスペアリブと言えばこの店、というくらい有名。店内は案外地味だが、スペアリブの味は絶品!ほどよく油ののったリブの旨みと絡み合う秘伝のBBQソースの風味はゼヒ一度味わっていただきたい美味しさです。サイドアイテムのポテトやコールスローサラダもグー。お値段はハーフスラブで$16くらいです。
  612 N. Wells St., Chicago
(312) 280-9200
THE FIREPLACE INN (ファイヤープレイス・イン)
  店の名のとおり、店内には本物の暖炉があり、山小屋のような雰囲気。スペアリブはボリュームたっぷり。ハーフスラブで$18、フルスラブ(Whole Slab)で$21。3ドルしか違わないのでフルスラブを2人でシェアするととってもリーズナブルに。天気の良い日は屋外のテラス席が気持ち良いです。
  1448 N. Wells St., Chicago
(312) 664-5264
ROBINSON'S NO.1 RIBS (ロビンソンズ)
  ここのリブは注文する際に「WET」(特製BBQソースがたっぷりかかっている)か「DRY」(スモーカーから出てきたばかりでソースはサイドで頼める)のどちらかを選びます。アルコール飲料はないので、持ち込みが可能。月曜定休。
  655 W. Armitage Ave., Chicago
(312) 337-1399

 《順不同》
の表示がないもの以外は英語サイトとなります。
シカゴ風ホットドックの店
SUPERDAWG (スーパードッグ)
  「シカゴ一おいしいホットドッグ」として地元民投票ナンバーワンのお店。1948年創業。屋根の上にホットドッグの男の子(Maurieくんというらしい)とホットドッグの女の子(Flaurieちゃんというらしい)がどどーんと立ってポースをとっています(笑)。だいぶ可愛いです。1950年代アメリカンな感じのCAR-HOPSと呼ばれるドライブインスタイルで注文する。まず、開いているスポットに駐車し、メニューを見て注文が決まったらインターフォンのボタンを押してオーダー。オーダーが終わるとしばらくしてウエイトレスがトレイに乗った食べ物を持ってきてくれる。その場で食べる場合は窓にトレイを引っ掛けてくれるらしい。食べ終わったらインターフォンのボタンの横のスイッチを入れるとトレイを持って行ってくれます。あら簡単。また、ここのアイスクリームも美味しいと評判なのでゼヒ一度お試しあれ。
  6363 N. Milwaukee Ave., Chicago
(312) 280-9200
GENE & JUDE'S RED HOT STAND (ジーン・アンド・ジューズ)
  売ってるものはホットドッグとコーンロール・タマレス(Tamales:マサ(Masa)と呼ばれるトウモロコシをつぶしたものをトウモロコシの皮で包んで蒸したチマキ風のスナック)のみ。ホットドッグはフレンチフライと一緒に紙に包まれてどーんと出てきます。しかも、それで2ドルちょいとは安すぎます!タマレスにいたっては1ドル。こんなにリーズナブルでいいの?ってな感じですが、大満足です。ReviewPage
  2724 River Rd., River Grove
(708) 452-7634
PORTILLO'S (ポーティロゥズ)
  シカゴに数あるホットドッグ店の中でもかなり有名なお店。今ではイリノイ州内外に沢山のロケーションがあるようですが、それぞれの店に「1930年代禁酒政策時代」とか「1930〜1940年代のギャングスター」とかレトロなテーマがあって、内装はテーマに沿って凝ったつくりになっています。美味しいホットドッグと楽しいインテリアでお子さんも大喜び間違いなし。イタリアン・ビーフ・ソーセージ・サンドイッチも美味!
  100 W. Ontario St., Chicago
(312) 587-8910


 《順不同》
の表示がないもの以外は英語サイトとなります。
シーフード
SHAW'S CRAB HOUSE (ショーズ・クラブ・ハウス)
  シカゴを代表するシーフードレストラン。隣には毎晩ジャズのライブ演奏を楽しめる「ANDY'S JAZZ CLUB」があります(「観光・娯楽・芸術」ページの「ジャズ&ブルース」セクション参照→こちら)が、この店内でもオイスターバーにて週3回ブルースのライブ演奏があります。 シャンバーグにも店舗あり。
 
シカゴ店:
21 E. Hubbard St., Chicago, IL
(312) 527-2722
シャンバーグ店:
1900 E. Higgins Rd., Shaumburg, IL
(847) 517-2722